Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(1月31日)

記事一覧 2019.01.31 10:16

◇サムスン電子の18年営業益が最高更新 半導体が7割超占める

 韓国のサムスン電子が31日発表した2018年10~12月期の連結決算(確報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は10兆8000億ウォン(約1兆570億円)で、前年同期比28.7%減少した。四半期ベースで過去最高となった前期比では38.6%減少。それでも18年通期は58兆8900億ウォンと、2年連続で過去最高を記録した。このうち半導体事業が44兆5700億ウォンで、営業利益全体の75.7%を占めた。

半導体事業を中心に、サムスン電子が2018年に再び過去最高の業績を記録した(コラージュ)=(聯合ニュース)

◇文大統領腹心の知事に実刑判決 政界大荒れ 

 韓国与党「共に民主党」の元党員らがインターネット上で行った不正な世論操作に深く関与したとして、業務妨害と公職選挙法違反の罪で在宅起訴された文在寅(ムン・ジェイン)大統領の腹心、金慶洙(キム・ギョンス)慶尚南道知事に地裁が実刑判決を言い渡したことを受け、政局は混迷を極めている。野党勢は民主主義を破壊したとして金知事の辞任を求める一方、与党は地裁の裁判官が過去に先ごろ逮捕された梁承泰(ヤン・スンテ)前大法院長(最高裁長官)の秘書室で勤務していたことから、今回の判決は報復行為だとの疑惑を提起している。

◇北朝鮮非核化 トランプ氏が懐疑論に反発

 トランプ米大統領は、コーツ米国家情報長官が北朝鮮非核化について懐疑論を主張したことに対し、ツイッターで「北朝鮮と米国の関係はこれまでになく最上だ」と真っ向から反論した。トランプ氏のこのような発言は、国内の不安を払拭(ふっしょく)し、2月末に予定されている2回目の朝米(米朝)首脳会談に向け勢いを確保する意図があるとみられる。

◇昼から気温低下 全国的に雨や雪に

 31日は全国的に曇りとなり、ソウル・京畿道を除く全国に雨や雪の予報が出ている。昼から冷たい空気が流れこみ、気温は平年より約1~5度低くなりそうだ。日中の最高気温は5度~氷点下1度にとどまる見通し。

◇北朝鮮側道路の南北共同調査も制裁の例外に 韓国と安保理が協議完了

 韓国と北朝鮮の道路連結に先立つ北朝鮮側道路の南北共同調査に必要な装備の北朝鮮搬入が、国連安全保障理事会から対北朝鮮制裁の例外と認められたようだ。外交筋が、韓国政府と安保理がこのほど協議を終えたと伝えた。南北間で具体的な日程調整などが終われば、装備を使った本格的な調査が始まる見通しだ。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。