Go to Contents Go to Navigation

首脳会談へ米朝が4日にも実務協議開始 板門店での開催有力

記事一覧 2019.02.01 11:25

【ソウル聯合ニュース】米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表と北朝鮮の金赫哲(キム・ヒョクチョル)元駐スペイン大使が、4日にも2回目の首脳会談開催に向けた実務協議に入る見通しだ。

ビーガン氏(左)と金赫哲氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 複数の外交筋によると、ビーガン氏は3日に訪韓して李度勲(イ・ドフン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長と両国間の擦り合わせを行った後、早ければ4日に北朝鮮側の交渉相手である金氏と会い、今月末ごろの開催が見込まれる朝米(米朝)首脳再会談の議題を交渉する可能性が高いという。

 ビーガン氏と金氏の実務協議での議論は、北朝鮮が条件付きで約束した北西部・寧辺の核施設の廃棄と、米国側が取る相応措置が中心になるとみられる。この議論を基に、首脳会談の合意文書の草案を作る作業が行われる見通しだ。

 実務協議の場所は、今のところ南北軍事境界線がある板門店が有力視されている。協議は1日では終わらないとの見方もある。

 ビーガン氏は1月31日(現地時間)、カリフォルニア州で行った講演で、金赫哲氏が自身の新たな交渉相手であることを明らかにし、近く会って首脳会談に向けた調整を行うと伝えた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。