Go to Contents Go to Navigation

カカオフレンズのグッズストア 表参道出店1カ月で35万人来店

韓日関係 2019.02.01 11:39

【ソウル聯合ニュース】韓国IT(情報技術)大手のカカオが運営するコミュニケーションアプリ「カカオトーク」のキャラクター「カカオフレンズ」のひとり、アピーチをコンセプトにした東京・表参道の公式ストアが、オープン1カ月で延べ約35万人の来店者を記録した。売上高も目標の144%を達成した。キャラクター事業などを手掛けるカカオアイエックスが1日、明らかにした。

多くの来店者でにぎわう店舗(カカオアイエックス提供)=(聯合ニュース)

 公式ストアは昨年12月22日に表参道にオープンした。アピーチの公式グッズを販売するカフェ・グッズストア「APEACH OMOTESANDO」と、アピーチをテーマとした内装のカルチャー発信基地「STUDIO_KAKAO FRIENDS」がある。

 来店者は20代前半の女性が全体のほぼ半分を占め、次いで中高生ら10代女子が約3割。

 カカオフレンズはインターネット通販大手アマゾンジャパンに先月出店し、今月初めにはカジュアルウエアショップ「WEGO」原宿竹下通り店に出店するなど、日本で販売網拡大に努めている。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。