Go to Contents Go to Navigation

韓国人のスマホ所有90%に迫る 60代も初めて8割に

IT・科学 2019.02.03 07:30

【ソウル聯合ニュース】2018年に韓国でスマートフォン(スマホ)を持つ人の割合は89.4%と、過去最高を記録した。放送通信委員会が3日までに、全国の満13歳以上の男女7234人を対象に昨年実施した調査の結果をまとめた。

2018年の年代別のテレビ、スマホ利用頻度。青色が週5日以上テレビを利用する割合、赤色が週5日以上スマホを利用する割合=(聯合ニュース)

 韓国人のスマホ所有率は12年に57.5%だったが、14年が77.0%、16年が83.3%と上がり続けた。17年の87.1%から18年はさらに2.3ポイント上昇した。

 60代の所有率も80.3%と、初めて80%を超えた。

 また、年代別のスマホ利用頻度をみると、週5日以上利用するという人の割合が最も高かったのは20代で、96.9%に上った。次いで30代(96.6%)、40代(96.3%)、10代(96.0%)、50代(90.7%)、60代(67.6%)、70歳以上(27.9%)の順。50代の場合、テレビを週5日以上利用するという人の割合(89.2%)を初めて上回った。

 放送通信委の関係者は「年齢が下がるほどスマホの利用頻度が相対的に高い傾向がある。今後もこうした傾向が加速しそうだ」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。