Go to Contents Go to Navigation

韓国・車俊煥 SP自己ベストで2位発進=四大陸フィギュア

芸能・スポーツ 2019.02.08 15:39

【ソウル聯合ニュース】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は8日(日本時間)、米アナハイムで男子ショートプログラム(SP)が行われ、初出場の韓国の車俊煥(チャ・ジュンファン、17)が97.33点をマークし、2位につけた。1位は米国のビンセント・ゾウで100.18点。日本の宇野昌磨は91.76点の4位だった。

演技する車俊煥=7日、アナハイム(AFP=聯合ニュース)

 車は昨年9月のオータム・クラシックで打ち立てた国際スケート連盟(ISU)公認SP自己ベスト(90.56点)を6.77点更新した。バレエ音楽「シンデレラ」に乗せての演技。冒頭の4回転サルコーを成功させ、続く3回転ルッツと3回転ループのコンビネーションジャンプも危なげなく着氷。ステップシークエンスではファンの拍手を浴びた。

tnak51@yna.co.kr

最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。