Go to Contents Go to Navigation

「米朝首脳再会談、ハノイで開催」 トランプ氏が公表

記事一覧 2019.02.09 10:43

【ソウル聯合ニュース】トランプ米大統領は8日(米現地時間)、自身のツィッターで2回目の朝米(米朝)首脳会談が27、28の両日、ベトナムの首都ハノイで開かれると明らかにした。

トランプ大統領のツィッター=(聨合ニュース)

 これに関連して「私は平和の進展のために金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と会うのを楽しみにしている」と投稿した。

 トランプ氏は「われわれの代表が生産的な会談を終え北朝鮮を後にした」とも書き込んだ。2回目の朝米首脳会談に向けた実務協議のため、6日に訪朝した米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表が8日に韓国に戻ったことを指す。

 また、「北朝鮮は金委員長の指導力の下で、経済大国になる。私は金委員長を知っており、彼にどれだけ能力があるか十分に理解している」と書き込んだ。

トランプ大統領のツィッター=(聨合ニュース)

 2回目の朝米首脳会談の開催地としてはベトナムのダナンが有力視されてきた。警護上の利点などから米国が望んだとされるが、北朝鮮側が大使館のあるハノイでの開催を強く希望し、米国が押し切られた格好だ。

 一方、2回目の朝米首脳会談に向けた実務協議のため、北朝鮮・平壌を訪問したビーガン特別代表は8日、韓国に戻った。北朝鮮の金赫哲(キム・ヒョクチョル)元駐スペイン大使らと首脳会談の開催地などに関する調整を行ったとみられる。米国務省によると、この2人は2回目の朝米首脳会談に向けもう一度協議を行うことで合意した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。