Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮・金剛山で開催の南北行事 報道陣はパソコンやカメラ持ち込めず

記事一覧 2019.02.12 15:34

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮・金剛山で12日から開かれる南北民間交流行事「南北共同宣言履行のための2019年新年連帯会合」に同行する韓国の報道陣がノートパソコンやカメラなど取材時に使う機器を北朝鮮に持ち込むことができない。

北朝鮮・金剛山(南北赤十字会談写真共同取材団)=(聯合ニュース)

 韓国統一部の当局者は記者団に対し「(米国との)関連協議が完了していない。今回の行事の場合、取材道具の搬出ができなくなった」と説明した。

 対北朝鮮制裁問題などを調整する韓米作業部会(ワーキンググループ)で韓国政府は金剛山での開催行事については包括的に協議したが、取材機器の持ち込みに関する協議は最近始めたばかりで、時間的に間に合わなかった。

 結果的に報道陣が機器を持たないまま現場に向かい、政府があまりにも安易な対応を取ったのではないかとの指摘が出ている。

 報道陣が使うノートパソコンなどの北朝鮮への持ち込みは、米国製部品や技術が10%以上含まれる製品をテロ支援国家に搬出する際は必ず米当局の承認を得るよう定めた米輸出管理規則(EAR)に抵触する恐れがある。

 同当局者は「今後は事前に協議と準備を行い、取材活動が保障されるよう努力する」と述べた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。