Go to Contents Go to Navigation

LG「折り畳みスマホは時期尚早」 デュアルディスプレーで5G対応へ

経済 2019.02.17 16:13

【ソウル聯合ニュース】韓国のLG電子がスマートフォン(スマホ)のフォームファクタの変化は時期尚早と判断し、デュアルディスプレーで第5世代移動通信システム(5G)市場に対応する方針を示した。

LG電子の権峰ソク社長(同社提供)=(聯合ニュース)

 同社モバイル・コミュニケーションズ(MC)、ホーム・エンターテインメント(HE)事業本部長の権峰ソク(クォン・ボンソク)社長は15日にソウルで開いた記者懇談会で「5G対応スマホの発売に向け、折り畳み(フォルダブル)式スマホの発売を検討したが見送ることにした。デュアルディスプレーで5Gを十分体験してもらえうようにする」と述べた。

 同社はスペイン・バルセロナで25日(現地時間)に開幕する世界最大級のモバイル機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で、フラッグシップスマホ「G8 ThinQ」、5G対応スマホ「V50 ThinQ」、V50 ThinQに付け外しできるデュアルディスプレーを展示する予定だ。

 デュアルディスプレーはフリップカバー型で、動画やゲームを利用するときに大きな画面で見ることができ、複数のアプリケーションを同時使うことができると予想される。デュアルディスプレーはV50 ThinQに適用後、ほかのスマホにも拡大される見通しだ。

 権氏は、1月に米ラスベガスで開催された世界最大の家電・技術見本市「CES」でローラブル(巻き取り)テレビを披露したほど技術的にはフォルダブル、ローラブルの準備は整っていると何度も強調。その上で、折り畳み式スマホについて「事業は現実的に行うべきだ。新たなフォームファクタを求めるユーザー経験が準備されてないため(発売は)時期尚早だと判断している」と述べた。

 権氏は「5GはLG電子の長所を活用できる市場のチャンス」としながら「速度・防熱・バッテリーなどに集中し最も安全で完成度の高いスマホを発売する」と自信を見せた。

 また、「米国、韓国、日本が戦略的に最も重要度が高い市場で、5Gの初期市場に集中しなければならない。現地メーカーとの競争を考慮した場合、中国では特別な価格帯、5G対応スマホを中心に選別的に対応する」と説明した。

hjc@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。