Go to Contents Go to Navigation

ソウル市 今年3250万人の観光客誘致へ

社会・文化 2019.02.19 15:12

【ソウル聯合ニュース】ソウル市は19日、2019年の観光政策を発表した。今年は外国人1350万人、韓国人1900万人の計3250万人の観光客をソウルに呼び込む計画だ。旅行消費額31兆2750億ウォン(約3兆600億円)の達成を目指す。

ソウル市は今年、外国人と韓国人の観光客数を増やし、国際会議も積極的に誘致する計画だ(同市提供)=(聯合ニュース)

 ソウル市は3月から、人気ユーチューバーがソウルのイベントやグルメを紹介する「オンラインソウル観光放送局」のテスト運営を始める。ソウルで外せない歴史・文化スポットや韓国ドラマのロケ地、おいしい店などを回る旅行コースも20通り開発する。

 また、世界的に活躍する韓国の人気男性グループで、市の観光広報大使を務めるBTS(防弾少年団)をイメージキャラクターにした外国人向け観光パス「ディスカバーソウルパス」を10万枚限定販売する予定だ。

 南北の融和ムードを背景に、軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)、板門店の共同警備区域(JSA)を訪ねるツアーや、ソウルと北朝鮮の平壌、開城との交流協力事業などにも取り組む。

観光広報大使のBTSを前面に押し出したキャンペーン(ソウル市提供)=(聯合ニュース)

 市は一方で、月給200万ウォン未満の非正規、特殊雇用(タクシー運転手やファイナンシャルプランナーなど事業主と契約して仕事を請け負う)の労働者2000人を対象に、国内旅行費を25万ウォンずつ支給する。社会的弱者層に旅行の機会を提供すると同時に、停滞する国内観光市場を活気づかせたい考えだ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。