Go to Contents Go to Navigation

文大統領 27日にUAE皇太子と首脳会談

記事一覧 2019.02.19 15:13

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、青瓦台(大統領府)でアラブ首長国連邦(UAE)の事実上の最高権力者とされるアブダビ首長国のムハンマド皇太子と首脳会談を行う。青瓦台が19日発表した。

昨年3月26日、UAEを訪問した文大統領(左)とムハンマド皇太子=(聯合ニュース)

 ムハンマド皇太子は文大統領の招きで26~27日に韓国を公式訪問する。訪韓は2014年2月以来で、昨年3月の文大統領のUAE訪問への答礼。

 青瓦台によると、ムハンマド皇太子は病気中のハリファ大統領に代わり、国政全般を担っている次期大統領継承者だ。

 会談では韓国とUAEの「特別戦略的パートナー関係」を確認し、今後の協力方向を盛り込んだ共同声明を採択する。半導体や第5世代移動通信システム(5G)など高付加価値の新産業、国防・防衛産業などにも協力を拡大し、両国関係を互恵的かつ未来志向に発展させる方策を協議する。

 朝鮮半島の平和プロセスに対するUAEの支持を改めて確認するとともに、域内や国際社会の平和・繁栄に向けた連携についても議論する。

 青瓦台は「UAEは韓国が中東諸国で唯一『特別戦略的パートナー関係』を結んでいる友好国」として、「昨年基準でUAEは韓国最大の海外建設受注市場(53億ドル)で、中東地域の最大の輸出先(46億ドル)」と説明。「アフリカ・中東地域で最も多い企業と同胞が進出している最大の人的交流対象国」とした。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。