Go to Contents Go to Navigation

韓国日本学会の新会長に金煥基氏 東国大教授

韓日関係 2019.02.19 16:20

【ソウル聯合ニュース】韓国・東国大は19日、1973年に設立された韓国最初の日本研究学会、韓国日本学会の第24代会長に同大の金煥基(キム・ファンギ)教授(日本学科)が選出されたと発表した。任期は来月から2021年2月まで。金氏は現在、東国大日本学研究所の所長と韓国日本学会の副会長を務めている。

金煥基教授(東国大提供)=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。