Go to Contents Go to Navigation

韓米首脳が米朝会談向け電話協議 トランプ氏「大きな成果予想」

記事一覧 2019.02.20 00:10

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日、2回目の朝米(米朝)首脳会談を8日後に控え、トランプ米大統領と電話で35分間会談し、北朝鮮の非核化措置を引き出すための相応の措置として、韓国の役割を活用するよう伝えた。青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が発表した。

文大統領(左)とトランプ大統領(青瓦台提供)=(聯合ニュース)

 文大統領は朝米再会談が昨年6月の史上初の朝米首脳会談での合意に基づき、完全な非核化と朝鮮半島平和体制、朝米関係発展を具体化する大きな転換点になるよう期待を表明。「南北間の鉄道・道路連結から経済協力事業まで、トランプ大統領が求めるならその役割を引き受ける覚悟ができている。それが米国の負担を減らす道」と強調した。

 これに対しトランプ氏は首脳会談の準備状況や北朝鮮との協議の動向を説明した。両首脳は朝米再会談に向け具体的な連携策について幅広く踏み込んだ議論を行った。

 トランプ氏は朝米再会談で大きな成果が予想されると期待を表し、会談の結果の共有や後続措置について文大統領と緊密に協議を続ける意向を示した。さらに、朝米再会談後に電話で文大統領に会談の結果を伝えることを約束したほか、直接会って結果を共有することにも期待を示した。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。