Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(2月21日)

記事一覧 2019.02.21 19:40

◇釜山の日本総領事館前に「労働者像」設置か 三・一運動記念日に

 韓国の市民団体が、日本による植民地支配に抵抗して起きた独立運動「三・一運動」から100周年となる3月1日に合わせ、植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された労働者を象徴する像を釜山の日本総領事館前に設置する計画を立てているようだ。団体側は昨年5月1日にも像を設置しようとしたが、警察に阻止された。

昨年5月1日、労働者像の設置を巡りもみ合う市民団体メンバーと警察=(聯合ニュース)

◇サムスン 折り畳みスマホ「ギャラクシーフォールド」公開

 韓国のサムスン電子は米サンフランシスコで20日午前(日本時間21日午前)に開いた「ギャラクシー」新製品の発表イベントで、折り畳み(フォルダブル)式スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーフォールド」を公開した。折り畳むと4.6インチのコンパクトなスマホ、開くと7.3インチのタブレットとして使用できる。

ギャラクシーフォールド(サムスン電子提供)=(聯合ニュース)

◇指導者一族が暴言・賞金横領 韓国カーリング女子

 昨年開催された平昌冬季五輪のカーリング女子に韓国代表として出場し銀メダルを獲得した慶尚北道体育会所属のチームが、指導者から不当な扱いを受けていると大韓体育会(韓国オリンピック委員会)に文書で直訴した問題で、文化体育観光部など関連機関による合同監査の結果、訴えの大部分が事実であることが確認された。選手たちは指導者から頻繁に暴言を吐かれるなど人格を冒涜(ぼうとく)されたほか、キム・ギョンドゥ元大韓カーリング競技連盟副会長の一族が賞金を横領し、補助金を不正使用するなど、チームを私物化していたことが明らかになった。

◇京畿道・竜仁 世界最大規模の半導体クラスター候補地に

 世界最大規模の半導体クラスター(産業集積)の候補地に京畿道・竜仁が選ばれた。SKハイニックスは、半導体クラスター造成のために設立された特定目的会社(SPC)が竜仁市に投資意向書を提出したと明らかにした。候補地が確定すれば、SKハイニックスは工場の敷地造成が完了する2022年以降に計120兆ウォン(約1184億円)を投資し、半導体生産施設4棟を建設する計画だ。

◇「最大野党は極右団体と関係断つべき」過半数 世論調査

 世論調査会社のリアルメーターがTBSの依頼を受けて全国の成人502人を対象に行った調査の結果、韓国最大与党「自由韓国党」が極右団体「太極旗部隊」と関係を断つべきだと答えた人は57.9%と集計された。関係を続けるべきだと答えたのは26.1%だった。

◇元国防相に実刑判決 李明博政権での世論工作事件

 ソウル中央地裁は、李明博(イ・ミョンバク)政権時代に軍のサイバー司令部による世論工作事件に関与した罪に問われた元国防部長官の金寛鎮(キム・グァンジン)被告に対し、軍刑法上の政治関与の罪で懲役2年6カ月の実刑判決を言い渡した。一方、裁判所は被告を勾留せずに控訴審を進めるのが望ましいと判断し、法廷で身柄は拘束されなかった。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。