Go to Contents Go to Navigation

韓国高官がハノイへ出発 米朝会談巡り米代表と調整へ

記事一覧 2019.02.22 11:01

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長が22日午前、27、28両日に2回目の朝米(米朝)首脳会談が開かれるベトナム・ハノイに向けて出発したことが分かった。同日午後にも現地で米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表と会談し、首脳会談に向けた北朝鮮との実務協議の状況を共有し、交渉戦略を調整するとみられる。

李氏(左)とビーガン氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 ビーガン氏は20日にハノイ入り。21日に北朝鮮の金赫哲(キム・ヒョクチョル)国務委員会対米特別代表と会談し、首脳会談後に発表する共同宣言に盛り込まれる北朝鮮の非核化措置と米国の相応の措置などについて議論した。22日も協議を続ける見通しだ。

 李氏は首脳会談の開催日まで現地に滞在し、ビーガン氏と随時協議する方針だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。