Go to Contents Go to Navigation

食糧難の北朝鮮 国際機関に支援要請=国連

北朝鮮 2019.02.22 12:06

【ソウル聯合ニュース】国連のドゥジャリク事務総長報道官は21日(米現地時間)の定例会見で、北朝鮮政府が食糧難を訴え国際機関に支援を要請したことを明らかにした。AP、AFP通信などが伝えた。

国連の支援を受けている北朝鮮の園児たち(資料写真)=(AP=聯合ニュース)

 ドゥジャリク氏によると、複数の国連機関が北朝鮮の食糧事情を把握しようと北朝鮮側と協議を行っている。北朝鮮が提供した統計では、今年はコメや小麦、ジャガイモ、大豆など140万人分の食糧不足が予想される。国連では北朝鮮の約40%の住民が栄養不足と推定しているという。

 同氏の言及に先立ち、米NBCテレビは北朝鮮が先ごろ金星(キム・ソン)国連大使の名で国連に公文を送ったと報じていた。公文は、国連世界食糧計画(WFP)と共同調査したところ、昨年の穀物の生産量は495万1000トンと前年より50万3000トン少なく、食糧の配給量を減らすしかない状況と記した。また、食糧難の背景として、異常気象と自然災害のほか、「必要な営農資材の供給を制限する」国際制裁を挙げたという。

 海外メディアは北朝鮮が食糧難を公にすることはまれとしながら、2回目の朝米(米朝)首脳会談を控えている点に注目している。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。