Go to Contents Go to Navigation

ソウルに「PM2.5注意報」

社会・文化 2019.02.22 12:10

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は22日午前、大気中の微小粒子状物質(PM2.5)の濃度が上昇していることを受け、PM2.5注意報を発令した。呼吸器や心血管疾患がある市民や高齢者、幼児らに外出を控えるよう呼びかけている。

PM2.5注意報が出されたことを知らせる電光掲示板=22日、ソウル(聯合ニュース)

 同注意報はPM2.5の1時間平均濃度が1立方メートル当たり75マイクログラム以上(環境基準は35マイクログラム以下)が2時間以上続く場合に出される。

 韓国ではこの日、済州島を除いた地域で粒子状物質の濃度が高い場合に自動車の運転などを一部制限する措置が実施されている。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。