Go to Contents Go to Navigation

脱北者の経済状況改善 雇用率・賃金増加=韓国調査

記事一覧 2019.02.25 11:46

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部所管の北朝鮮脱出住民(脱北者)支援機関、南北ハナ財団は25日、脱北者の経済活動状況は全般的に改善しているとの調査結果を発表した。

南北ハナ財団(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国に居住する満15歳以上の脱北者2725人を対象に行われた調査の結果、脱北者の経済活動の参加率は前年に比べ3.6ポイント改善した64.8%だった。

 雇用率は3.5ポイント増の60.4%、失業率は0.1ポイント減の6.9%だった。

 正規職の労働者は63.5%で前年比6.1ポイント増加し、非正規労働者は2.4ポイント、日雇い労働者は2.6ポイントそれぞれ減少した。

 賃金労働者の平均勤続期間は26.9カ月で前年比1.7カ月長くなり、月平均賃金も189万9000ウォン(約18万8000円)と11万2000ウォン増加した。

 一方、脱北者の月平均賃金は一般国民(255万8000ウォン)に比べ約7割の水準にとどまり、脱北者の生活満足度も72.5%と前年比1.1ポイント下落した。

 「脱北者という理由で差別または無視された経験があるか」との質問には回答者の79.8%が「ない」と答えた。

 今回の調査は昨年5月1日から8月17日まで、財団所属の専門相談士が脱北者を直接訪問して面接する方式で行われた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。