Go to Contents Go to Navigation

独立運動家記念館で閣議 外部開催は史上初=文大統領

記事一覧 2019.02.26 14:12

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、ソウルにある独立運動家の金九(キム・グ)の記念館で閣議を開催した。戦時を除き、公共庁舎ではない場所で閣議が開かれるのは初めて。日本による植民地時代の1919年に起きた独立運動「三・一運動」と臨時政府樹立100周年の意味を強調する狙いがあるとみられる。

金九の墓を参拝する文大統領=26日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は閣議前、金九の墓を参拝。初代韓国統監を務めた伊藤博文を暗殺し死刑になった独立運動家、安重根(アン・ジュングン)や上海で日本軍首脳部に爆弾を投げつけた尹奉吉(ユン・ボンギル)らの墓も参拝した。

 文大統領は閣議で、「きょうの閣議は三・一運動100周年を迎える国家的な意味を込め、金九記念館で開くことにした」と言及。青瓦台(大統領府)の副報道官は「三・一運動の崇高な自主独立精神や愛国先烈の犠牲精神を継承・発展させる意志を示すもの」と説明した。

 文大統領は「(日本の植民地支配に協力した)『親日』を清算し、独立運動をしっかり礼遇することが民族の精気を正しく立て、正義のある国に進む出発」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。