Go to Contents Go to Navigation

週52時間制導入も「過労社会」 昨年平均1967時間労働=韓国

記事一覧 2019.02.27 16:04

【ソウル聯合ニュース】韓国の雇用労働部が27日に発表した労働力調査結果によると、常用労働者1人以上の事業所で働く労働者1人当たりの昨年の年平均労働時間は1967時間となり、前年比で29時間(1.4%)減少した。

労働時間の上限を週52時間に短縮する制度が導入されたが、労働時間は依然長いことが明らかになった(コラージュ)=(聯合ニュース)

 労働者の労働時間は2016年から毎年1~2%減っている。

 常用労働者5人以上の事業所で働く労働者1人当たりの労働時間は1986時間で、前年比で1.4%減少し、初めて2000時間を下回った。

 労働時間は減少しているが、OECD(経済協力開発機構)の年平均労働時間(16年ベース、1763時間)は大きく上回っている。「過労社会」との汚名を返上するまでにはまだ時間がかかりそうだ。

 韓国では昨年7月から労働時間の上限を週52時間に短縮する制度が導入されたが、年間労働時間の減少には大きな影響を与えなかった。同制度は300人以上の事業所を対象にしているためとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。