Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTS 音楽業界団体の「グローバル・アーティスト」2位に

記事一覧 2019.02.27 16:42

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループBTS(防弾少年団)が、音楽業界団体の国際レコード産業連盟(IFPI)が選ぶ「グローバル・アーティスト」の2位にランクインした。

IFPIの「グローバル・アーティスト・チャート2018」(IFPIホームページより=ビッグヒットエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)

 IFPIはこのほどホームページで「グローバル・アーティスト・チャート2018」を公開した。

 1位は米国のヒップホップミュージシャンのドレイクで、3位以下にはエド・シーラン、ポスト・マローン、エミネム、クイーンなどが選ばれた。

 「グローバル・アーティスト・チャート」は、IFPIが毎年世界で販売されたアルバムの販売枚数とデジタルダウンロード、オーディオ・ビデオのストリーミング回数を合算して集計する。

 BTSは2018年5月にリリースした「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」と同年8月の「LOVE YOURSELF 結 'Answer'」で2位に選ばれた。

 IFPIは「BTSは世界的なファン層を構築し、K―POPを世界のステージに引き上げるのに大きな役割を果たしてきた」とランクインの理由を説明した。

 BTSの所属事務所、ビッグヒットエンターテインメントは「このチャートで韓国歌手が選ばれるのはBTSが初めてだ」とし、「英語ではなく外国語のアルバムでは唯一トップ10に入った」と伝えた。

 一方、「LOVE YOURSELF 結 'Answer'」は米ビルボードの最新3月2日付メインアルバムチャート「ビルボード200」で92位を記録し、26週連続で100位圏内にランクインした。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。