Go to Contents Go to Navigation

米朝首脳会談初日 北朝鮮メディアが評価=「踏み込んだ議論」

記事一覧 2019.02.28 07:47

【ハノイ(特別取材団)聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、ベトナム・ハノイで27日に開かれた米朝首脳再会談の初日について、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)とトランプ米大統領が「包括的かつ画期的な決断を導くため、真剣に踏み込んだ意見交換をした」と報じた。

2回目の米朝首脳会談を始める前に握手するトランプ大統領(左)と金正恩委員長=27日、ハノイ(AFP=聯合ニュース)

 同通信は両首脳が8カ月ぶりに再会し、固い握手を交わした上で虚心坦懐(たんかい)に対話したと報じた。会談については全世界が関心と期待を持っていると伝えた。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。