Go to Contents Go to Navigation

文大統領 外交・安保次長級の人事刷新

記事一覧 2019.02.28 13:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、南北関係と外交安保政策の実務を総括する青瓦台(大統領府)次長級の交代人事に踏み切った。

金有根・国家安保室第1次長(資料写真)=(聯合ニュース)

 青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官はこの日、文大統領が国家安保室第1次長に金有根(キム・ユグン)国防部在韓米軍基地移転事業団長(61)、第2次長に金鉉宗(キム・ヒョンジョン)産業通商資源部通商交渉本部長(59)をそれぞれ任命したと書面で伝えた。

 金鉉宗氏の異動により空席となる通商交渉本部長には、兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉室長(51)が昇進する。

金鉉宗・国家安保室第2次長(資料写真)=(聯合ニュース)

 ベトナム・ハノイで2回目の米朝首脳会談が行われている中、外交業務を管掌する第1・第2次長を同時に交代させる背景について、文大統領は両氏が長期間業務を遂行してきたため、交代する時期になったと判断したと伝えられた。

 今回の米朝首脳会談が一定の成果を上げると予想される点も、交代時期に影響を与えたとされる。

兪明希・産業通商資源部通商交渉本部長(資料写真)=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。