Go to Contents Go to Navigation

正恩氏「非核化の意思なければ来なかった」 米連絡事務所開設は「歓迎」

記事一覧 2019.02.28 13:58

【ハノイ(特別取材団)聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は28日、トランプ米大統領との首脳会談の途中、記者団から「非核化の準備ができているか」と問いかけられ「そのような意思がなければここに来なかった」と答えた。

トランプ大統領と会談する金正恩氏(右列、手前から2人目)=28日、ハノイ(AFP=聯合ニュース)

 また、「非核化に向けた具体的な措置をとる決心があるか」との質問には「今、話している」と回答した。

 米国が平壌に連絡事務所を開設することに関する質問については、「歓迎すべきことだと思う」と述べた。

 この際、会談に同席していた北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相が記者団の退席を提案したが、金委員長は質問に応じた。

 ただ、今回の会談で人権問題も議論しているかとの質問には答えなかった。

 また、記者団に対し、「私たちが十分な話を、もう少しする時間をもらいたい。私たちには1分も大事だから」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。