Go to Contents Go to Navigation

次期駐日大使 南官杓・前国家安保室第2次長が有力=韓国

記事一覧 2019.02.28 15:26

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、南北関係と外交安保政策の実務を総括する青瓦台(大統領府)次長級の交代人事に踏み切った。国家安保室の第2次長を務めてきた南官杓(ナム・グァンピョ)氏は次期駐日大使就任が有力視される。

南官杓氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 駐日大使の交代は旧日本軍の慰安婦問題や韓国の大法院(最高裁)が日本による植民地時代に強制徴用された被害者への賠償を日本企業に命じた問題、韓国艦艇が日本の哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題などで両国関係が冷え込んでいる中、関係を立て直す契機をつくりたいという文大統領の意向とみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。