Go to Contents Go to Navigation

完全な合意できず残念 米朝の活発な対話継続に期待=韓国大統領府

政治 2019.02.28 18:34

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は28日午後の記者会見で、米朝首脳会談が非核化などで合意に至らず終了したことについて、「完全な合意に至らなかったことを残念に思う」と述べた。

会見を行う金報道官=28日、ソウル(聯合ニュース)

 ただ、「いつになく意味のある進展を成し遂げたことも明白」とし、「両首脳が長い時間、踏み込んだ議論を行い、相手に対する理解の幅と深さを広げたと評価する」と述べた。

 その上で、「トランプ大統領が表明した持続的な対話の意思や楽観的な見解は次回の会談の展望を明るくする」として、「トランプ大統領が北の非核化措置と結びつけ、制裁解除、または緩和の意思を公に明らかにしたことは朝米(米朝)の議論の段階が一層高まったことをみせる」との考えを示した。

 今後については、「今回の首脳会談で行った議論の結果に基づき、これからもさまざまなレベルで活発な対話が継続することに期待する」とし、「政府は米国と北が緊密な意思疎通と協力を続けながら、対話のモメンタム(勢い)を維持していくよう、あらゆる努力をする」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。