Go to Contents Go to Navigation

文大統領「米朝対話の完全な妥結を必ず実現…韓国の役割重要」

記事一覧 2019.03.01 11:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、日本による植民地時代に起きた独立運動「三・一運動」から100周年を迎えソウル中心部の光化門広場で開かれた記念式典で演説し、ベトナム・ハノイで開かれた2回目の米朝首脳会談の結果について「さらに深い合意に向かう過程だと考える」とし、「今後はわれわれの役割がさらに重要になった」と述べた。

演説する文大統領=1日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は「(米朝首脳が)長時間対話し、相互理解と信頼を深めたことだけでも意味のある進展だった。特に両首脳の間で連絡事務所の設置まで議論されたことは重要な成果だ」として、トランプ大統領が示した持続的な対話の意志と楽観的な展望を評価した。

 その上で「韓国政府は米国や北と緊密に疎通し、協力して両国間の対話の完全な妥結を必ず成し遂げる」と述べ、米朝間の仲裁にさらに積極的に乗り出す考えを示した。

 文大統領は、朝鮮半島の平和は他人がつくってくれたものではなく、韓国国民の力でつくり出した結果だと強調。新たな100年は朝鮮半島の平和に向けた新たな挑戦を成功に導くものになると説明した。

 また、南北軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)について平和公園の造成や国際平和機構の誘致、生態平和観光など南北の国民のために共同使用する可能性に言及し、南北離散家族の再会だけでなく故郷を訪れて北の家族や親戚に会えるよう推進すると約束した。

 文大統領は「(韓国は)植民地と戦争、貧困と独裁を克服し、奇跡のような経済成長を成し遂げた」とし、「新たな100年は本物の国民の国家を完成する100年だ。過去の理念に引きずられず、新しい考えと心で統合する100年だ」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。