Go to Contents Go to Navigation

文大統領が韓日協力強化を強調 批判控える=三・一運動記念式で

記事一覧 2019.03.01 12:24

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、日本の植民地支配に抵抗して起きた1919年の三・一独立運動から100周年を迎え、ソウルで開かれた記念式典で演説し、朝鮮半島の平和に向けた日本との協力強化を強調した。

演説する文大統領=1日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国の大法院(最高裁)が日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を日本企業に命じた問題や韓国駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したと日本が主張している問題など両国の間に懸案が横たわっているが、日本に対する批判は控えた。

 前日終了した米朝首脳会談が合意に至らないまま終了し、南北と米国を中心に進めてきた朝鮮半島平和プロセスが試練にぶつかった中、日本が朝鮮半島の平和の建設的な貢献者として参加するよう促すメッセージを送ったとみられる。

 文大統領は演説で、親日残滓(ざんし)の清算、歴史を正すことを強調しながら「今になって過去の傷をほじくり返し分裂させたり、隣国との外交で葛藤要因をつくったりしようとしているのではない」と述べた。

 親日残滓の清算も外交も未来志向的に行われなければならないとした上で、「朝鮮半島の平和のために日本との協力も強化する」との方針を示した。

 独立宣言書は三・一独立運動が排他的感情ではなく全人類の共存と共生のためのものであり、東洋と世界の平和に向かって進む道であることを明確にした宣言だったとしながら「今日も有効なわれわれの精神だ」と述べた。韓日関係が冷え込む中、朝鮮半島の平和のために両国が協力する必要があることを強調したとみられる。

 文大統領は「過去は変えることはできないが未来は変えることができる」と述べ、未来志向的な韓日関係を力説した。

 日本による植民地時代の強制徴用、旧日本軍の慰安婦問題など過去の歴史を巡る問題に具体的に触れなかったが、日本に対し正しい歴史認識を持ち、韓国の被害者に対する誠意ある態度を示すよう遠回しに促した。

 全般的に包容的だった対日メッセージは「新朝鮮半島体制」と関連があるとみられる。

 文在寅政権発足後、韓日関係が悪化し、両国国民の感情も険悪になりつつうある状況の中、日本が米朝交渉の局面でも対北朝鮮強硬論を固守し、韓米日3カ国の連携も揺らぐ様相を帯びていた。専門家の間では、朝鮮半島の冷戦終息という「現象の変更」に対し韓日間の戦略的利害が異なることはあり得るとの指摘も出た。

 こうした中、文大統領は歴史的な三・一運動100周年のメッセージに盛り込む対日メッセージを準備しながら「新朝鮮半島体制」で日本が否定的な役割を果たさないよう導くことを重視したとみられる。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。