Go to Contents Go to Navigation

韓国閣僚「南北の互恵的関係、日本の妨害に立ち向かうべき」

韓日関係 2019.03.01 15:11

【ソウル聯合ニュース】韓国行政安全部の金富謙(キム・ブギョム)長官は1日、フェイスブックに「歴史」と題した文章を掲載し、日本による植民地支配に抵抗して1919年に起きた独立運動「三・一運動」から100年の節目を迎え、北朝鮮との関係が揺らいではならないと強調した。

光化門広場で開かれた政府記念式典=1日、ソウル(聯合ニュース)

 金氏は「1919年以降の100年の歴史で最大の悲劇は民族の分断であり、今後100年の最大の課題は分断(の痛み)を癒し、(南北を)統一することだ」と指摘。「南北の互恵的な関係を望まない勢力が明らかに存在する」とし、「米国と北に対しては忍耐心を持って説得し、日本の妨害には断固として立ち向かうべきだ。反共主義がわれわれを揺さぶっても、絶対に揺らいではならない」とつづった。

 金氏はこの日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領らとともにソウル中心部の光化門広場で開かれた三・一運動記念式典に参列した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。