Go to Contents Go to Navigation

在日韓国民団が「三・一節」記念式典開催 決議文採択

韓日関係 2019.03.01 16:54

【東京聯合ニュース】在日本大韓民国民団(民団)中央本部は1日、日本の植民地支配に抵抗して起きた1919年の三・一独立運動から100年を迎え、東京・港区の韓国中央会館で記念式を開催した。在日同胞ら約250人が出席した。

韓国中央会館で開かれた記念式の様子=1日、東京(聯合ニュース)

 記念式では李洙勲(イ・スフン)駐日韓国大使が、現代言に直した三・一独立宣言書を朗読後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領のあいさつを代読した。 

 出席者は「日本による植民地支配に抵抗し、犠牲を恐れずに立ち上がった先烈の崇高な愛国精神を深く刻むと同時にその強い意志を確認した」としながら、▼民族自尊の精神継承▼北の核廃棄要求▼在日同胞の権益保護▼韓日友好増進に寄与――の4項目からなる決議文を採択した。

 この日は東京をはじめ日本国内の46カ所で地域別の記念行事が行われた。

記念式で採択された決議文=1日、東京(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。