Go to Contents Go to Navigation

文大統領 「親日」に言及しながら独立有功者たたえる

記事一覧 2019.03.04 17:04

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4日、日本による植民地支配に抵抗して1919年に起きた独立運動「三・一運動」から100年を迎えたことを記念して開いた昼食会に出席した。独立運動などに取り組んだ独立有功者の子孫ら招待客を前に「南北分断や海外に居住しているなどの理由で見つかっていない独立有功者が多い」とした上で、中部の忠清南道・天安の独立記念館の研究所としての機能を強化して独立運動の資料収集を進めるとともに、国内外で独立有功者を最後の1人まで探し出すと表明した。

昼食会に参加した独立有功者の子孫とその手を握る文大統領(右)=4日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は「政府は昨年4月に独立運動家の褒賞基準を画期的に改善した」とし、「投獄の事実などが公式記録で確認されなくても日記・回顧録のような資料を基にし、学生の場合は独立運動で中退した方も褒賞している」と説明した。

 また、これまで独立運動家約2000人を新たに探し出し、今年の三・一独立運動を記念する「三・一節」の記念式では過去最多の333人を褒賞したと紹介した。

 文大統領は「100年前の先祖による万歳(三・一)運動は民族の独立と共に自由・人権・民主主義を目指す巨大な抗争だった」とし、「抗争を導いた独立有功者を探し出し、子孫をしっかりと礼遇するのは国の責務であり国民の自負心を高める行い」と強調した。

 特に「(日本の植民地統治に協力した)親日は3代がぜいたく三昧の生活をし、独立運動をすると3代が苦労するとの話がある。親日の人たちは当時ぜいたく三昧の生活をし、子どもたちを留学に送り解放後も子孫が豊かに暮らした。独立運動をされた方は家族を養えず、離れ離れになったり、教育を受けさせられなかったり、長い間苦労しなければならなかった」と指摘した。

 文大統領は「これを正すことを解放された祖国がやるべきだったが、歴代政府が至らないところがあった。そうしたことを反省しながら、独立運動家をできるだけ探し出し、その子孫を(十分に)待遇するよう努力している」と述べた。

 昼食会には米国、中国、ロシア、カザフスタン、オーストラリア、カナダ、ブラジル、日本の8カ国から独立有功者34人の子孫である65人が参加した。

 文大統領は三・一運動により韓国人は植民地の民から民主共和国の国民に生まれ変わったとし、「政府は国内外を問わず独立有功者の意思と精神が朝鮮半島の完全な平和、共に豊かに暮らすことのできる国として実を結ぶよう努力する」と強調した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。