Go to Contents Go to Navigation

ソウルモーターショー29日開幕 国内外の20メーカー参加へ

記事一覧 2019.03.04 19:23

【ソウル聯合ニュース】ソウルモーターショーの組織委員会は4日、ソウル市内で記者懇談会を開き、29日に開幕する同ショーに参加する企業や車種を公開した。

ソウルモーターショーのポスター(組織委提供)=(聯合ニュース)

ソウルモーターショーのポスター(組織委提供)=(聯合ニュース)

 ソウル郊外の国際展示場、KINTEX(京畿道高陽市)で4月7日まで開かれる今回のソウルモーターショーのテーマは「持続可能で知能化した移動革命」で、現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の国内完成車メーカーに現代の高級車ブランド・ジェネシスを加えた6社、日産、ランドローバー、レクサス、メルセデス・ベンツ、BMW、トヨタなど海外メーカー14社が参加する。

 また国内外の電気自動車(EV)メーカー7社が参加し、米テスラも初めて参加する。

 約100台の車両が展示され、このうち世界初公開は2モデル、アジア初公開は10モデル、韓国初公開は10モデル(コンセプトカー5モデル)となる。

 完成車メーカーだけでなく、部品や素材、情報技術(IT)、エネルギーなどの関連企業も180~190社参加する。通信大手のSKテレコムも初めて参加する予定だ。

 各メーカーのEVの試乗や自動運転車の体験などができるイベントも行われる。

 今年のソウルモーターショーは2017年よりも参加企業数や新モデルの公開台数など多少規模が縮小するとみられており、これについて組織委は「世界的にモーターショーの役割が弱まっていることに加え、自動車産業が新産業や未来の移動手段に変化していく傾向を考慮し、テーマを定めたため」と説明し規模は縮小しても質的に向上することを目指すと強調した。

 1995年に始まったソウルモーターショーは国際自動車工業連合会(OICA)が公認する韓国唯一の国際モーターショー。基本的に隔年開催され今年12回目を迎える。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。