Go to Contents Go to Navigation

韓国情報機関 米朝会談で言及された寧辺以外の核施設「把握済み」

記事一覧 2019.03.05 19:34

【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関、国家情報院(国情院)は5日、米朝首脳会談で米側が指摘した寧辺以外の核施設とされる「分江」について、「分江は寧辺がある行政地区の名称」とし、「分江の中に寧辺核施設がある」と説明した。国会で開かれた情報委員会の委員との懇談会で報告した。

徐薫(ソ・フン)国家情報院長(中央)=(聯合ニュース)

 国情院はまた、「朝米の交渉過程で出た新たなウラン濃縮施設をはじめとする北の核・ミサイル関連施設に対しては韓米軍事情報当局が詳細に把握しており、綿密な監視システムを稼動中」と話した。 

 また「米国とわれわれが持っている情報は一致するが、どこに何の施設があるのか言うのは難しい」と付け加えた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。