Go to Contents Go to Navigation

韓国のLS産電 石川県でメガソーラー完工=日本3カ所目

記事一覧 2019.03.06 10:52

【ソウル聯合ニュース】韓国のLS産電は6日、日本の石川県鹿島郡に建設した18メガワット級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の完工式を開いたと発表した。

LS産電が石川県に建設したメガソーラー(同社提供)=(聯合ニュース)

 30万平方メートルの用地に総事業費460億ウォン(約46億円)を投じて建設した。LS産電は2017年に同発電所の建設・運営事業者に選定されていた。この事業のために設立された合同会社は、毎年約5000世帯が使用できる電力を20年間販売する契約を北陸電力と結んでいる。

 同発電所は茨城県水戸市、北海道千歳市に続きLS産電が日本で手掛けた3カ所目のメガソーラー。同社関係者は「2009年に韓国企業として初めて日本の太陽光発電市場に参入し、事業経験と技術信頼性を基にスマートエネルギー市場でのシェアを引き上げている」と述べ、再生可能エネルギーを絡めた送電・変電ソリューションで事業をさらに拡大していく計画だと伝えた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。