Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が非核化しないなら「制裁強化を検討」=ボルトン米補佐官

北朝鮮 2019.03.06 11:09

【ソウル聯合ニュース】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は5日(現地時間)、米FOXビジネス・ネットワークとのインタビューで、北朝鮮の非核化と関連し「北朝鮮がそれ(非核化)をしないつもりなら、われわれは制裁強化を検討する」と述べた。また、非核化をしなければ「北朝鮮は厳しい経済制裁の緩和を得られないだろう」とも指摘した。

ボルトン氏=(AFP=聯合ニュース)

 2月末の米朝首脳会談は非核化などで合意に至らず終わったが、ポンペオ国務長官は前日の4日に北朝鮮との対話を続ける意向を示した。その一方で、対北朝鮮強硬派で知られるボルトン氏が経済制裁の強化を持ち出し、北朝鮮に強い圧力をかけた格好だ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。