Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮・東倉里ミサイル発射場で「復旧の動きあり」 韓国政府筋 

記事一覧 2019.03.06 13:43

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が北西部・東倉里にあるミサイル発射場の再建に着手したとする米シンクタンクの分析に関連し、韓国政府筋は6日、「東倉里発射場の付属の建物を中心に復旧作業の動きがとらえられた」と伝えた。

東倉里ミサイル発射場を撮影した衛星写真(エアバス・ディフェンス・アンド・スペースと38ノース提供)=(聯合ニュース)

 この政府筋によると、北朝鮮は昨年6月、東倉里ミサイル発射場でミサイル組み立ての付属建物の解体作業を始めた。だが、「7月ごろに解体作業を中止し、近ごろ、一部で復旧作業らしき動きがとらえられている」と述べた。

 また、この建物から発射台へミサイルを移動させるためのレールはすべて取り除いたもようとしながら、「レール復旧の動きはまだ見られない。現在は撤去を途中で中止した付属建物を中心に復旧の動きがある」と説明した。その意図や、ミサイル発射台、ミサイルエンジン実験施設など重要施設に関してはさらに分析する必要があるという。

 北朝鮮は昨年、発射場の一部建物の解体作業を進めたが、レール以外の重要施設には手をつけていないとされる。

 一方、韓国軍関係者は「韓米の軍当局は東倉里を含め北の主要地域での活動を綿密に追跡、監視している」と述べた。

 米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は5日(現地時間)、衛星写真を基に、解体作業が行われていた東倉里ミサイル発射場の一部の構造物で、先月16日から今月2日までの間に建て直しが始まったと分析した。

 米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)も同日、2回目の米朝首脳会談後の今月2日に撮影した衛星写真から、東倉里ミサイル発射場で再建を進める動きが見られたと明らかにした。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。