Go to Contents Go to Navigation

包容国家目指し社会的弱者への所得支援強化 来年度予算に反映=韓国

記事一覧 2019.03.06 16:39

【世宗聯合ニュース】韓国企画財政部は6日に発表した「主要業務推進計画」で、文在寅(ムン・ジェイン)政権が掲げる共に豊かに暮らす包容国家の実現に向け、2020年度(1~12月)政府予算などを編成する際に高齢者をはじめとする社会的弱者への所得支援強化を盛り込む方針を示した。

文政権は皆が共に豊かに暮らす包容国家を目指している=(聯合ニュース)

 同部はあわせて、社会サービス関連雇用や高齢者雇用の拡大を支援し、来年の施行を目標にワーキングプアや若年層を対象にした失業扶助の導入案を設計する方針だ。昨年10~12月期に所得最下位20%のうち無職世帯の比率が5割超に上昇したことを受け、9万5000人の社会サービス関連雇用を創出するとしている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。