Go to Contents Go to Navigation

PM2.5濃度上昇でマスク販売急増 製薬業界に特需=韓国

記事一覧 2019.03.07 11:13

【ソウル聯合ニュース】韓国で微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が高い日が続く中、マスクの売り上げが急増している。

PM2.5の濃度上昇でマスクの販売量が急増している(資料写真)=(聯合ニュース)

 東国製薬の「黄砂防疫用マスク」は1~2月に販売量が急増し、既に昨年の年間売上高に迫っている。

 同製品の売上高自体は大きくないが、PM2.5の濃度上昇でマスクの着用が欠かせなくなり販売が急激に伸びている。

 同社関係者は「昨年の売上高が約20億ウォン(約2億円)だったが、今年は年初に販売が集中し、既に昨年の年間売上高に迫っている」と述べた。

 マスクのほか喉の薬、洗眼薬などの売り上げも増加している。

 保寧製薬の鎮咳去痰薬「龍角散」と東亜製薬の洗眼薬「アイボン」は1~2月の売上高がいずれも前年同期比30%増加した。柳柳製薬の鼻腔洗浄剤「フィジオメール」も同期間の売上高が10%増えた。

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。