Go to Contents Go to Navigation

PM2.5低減へ民間車両規制 「賛成」54%=韓国

記事一覧 2019.03.07 10:45

【ソウル聯合ニュース】韓国調査会社のリアルメーターが7日に発表した世論調査結果によると、大気汚染の深刻化を受け、微小粒子状物質(PM2.5)の低減策として民間の自動車にも2部制(ナンバーの偶数と奇数によって通行制限する交通規制)を実施することに対し、賛成する意見が54.4%を占めた。「反対」は40.9%だった。

PM2.5低減策として民間車両2部制を実施することに対し、54.4%が「賛成」、40.9%が「反対」と回答した(リアルメーター提供)=(聯合ニュース)

 調査は前日に全国の成人502人を対象に実施された。

 また、リアルメーターが4~6日に全国の有権者1512人を対象に実施した調査で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週より2.1ポイント低い47.3%、不支持率は2.1ポイント上昇の46.5%だった。同社は、政府のPM2.5対策に対する批判の強まりや物別れに終わった2回目の米朝首脳会談が支持率に響いたと分析した。

 政党支持率は、与党「共に民主党」が前週より0.3ポイント上がり38.6%、最大野党「自由韓国党」が1.0ポイント高い29.8%だった。

文大統領の支持率(青いグラフ)と不支持率(赤いグラフ)の推移(リアルメーター提供)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。