Go to Contents Go to Navigation

南北文化財事業を活性化 事業団・フォーラム新設=韓国政府

記事一覧 2019.03.07 11:58

【ソウル聯合ニュース】韓国文化財庁は7日、北朝鮮文化遺産の保護協力と南北文化財事業の活性化のため、臨時組織「南北文化財交流事業団」と諮問機関「南北文化遺産政策フォーラム」を新設したと発表した。

北朝鮮・開城の王宮遺跡「満月台」(韓国中世史学会提供)=(聯合ニュース)

 南北文化財交流事業団は南北文化財交流の基盤となる法令を新設、もしくは改正し、▼北朝鮮・開城にある高麗時代の王宮遺跡「満月台」の共同発掘調査▼天然記念物に指定された鳥、キタタキの共同調査▼朝鮮王朝初代王の李成桂(イ・ソンゲ、太祖)の陵、健元陵のススキ移植▼非武装地帯(DMZ)の歴史遺跡の共同調査と国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録――など、南北の文化財に関する懸案を議論、推進する。

 8日に発足する政策フォーラムには各分野の文化財専門家約50人が参加。DMZの保存のための南北協力策、南北文化財制度の比較分析、交流活性化政策など四半期ごとにテーマを決めて会議を開き、成果を公開する。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。