Go to Contents Go to Navigation

渦中のV.Iが入隊へ 警察は調べ継続

記事一覧 2019.03.08 20:42

【ソウル聯合ニュース】ソウルのクラブ「バーニングサン」を巡る疑惑や性接待疑惑が取り沙汰されている人気グループBIGBANG(ビッグバン)のV.I(ヴィアイ)さんが兵役義務を果たすため25日に入隊することについて、警察関係者は8日、V.Iさんの入隊を延期させる法的な根拠がないとした上で、「入隊前までに調べが必要な部分について最大限確認する」との方針を明らかにした。

先月27日夜、ソウル地方警察庁に出頭したV.Iさん=(聯合ニュース)

 バーニングサンを巡っては、薬物取引や性犯罪、警察との癒着、性接待などが行われていた疑惑が取り沙汰されており、V.Iさんも2月27日に警察で聴取を受けている。

 V.Iさんは聴取で性接待疑惑をはじめ、バーニングサンの経営に実質的に関与したか、同クラブでの薬物取引など違法行為を認識していたかを調べられ、疑惑を全面的に否定した。

 関連法によると、入隊を予定している者が警察の聴取などの対象だとしても、逮捕されるか、刑が確定し執行されない限り、入隊が自動的に延期されることはない。

 警察関係者は「内偵捜査中に疑惑が出てくることも、出てこないこともある」とし、「疑わしい点がなければ内偵を終えることもあるが、入隊後も調べが必要になるかもしれない」と説明した。

 内偵捜査は捜査の前段階として行うもので、疑わしい点があれば捜査に転換し、身分も参考人などから容疑者に変わる。

 同関係者によると、V.Iさんの入隊後は軍の協力の下で警察が調べを行うが、V.Iさんが入隊後に容疑者になれば、V.Iさんに関する捜査は軍検察に移管されるという。

 警察関係者は、V.Iさんと関連した疑惑については迅速に調べを進め、入隊後に調べの必要があれば軍検察と協議する方針と説明した。

 あるインターネットメディアは先月26日、V.Iさんが投資会社「ユリホールディングス」の設立を準備中だった2015年12月にV.Iさんと同社の代表、社員がコミュニケーションアプリの「カカオトーク」で交わしたメッセージの内容を公開した。そこには外国人投資者への性接待をほのめかすやり取りがあった。同メディアは、V.Iさんがソウル・江南のクラブをさまざまな根回しの場として利用し、投資者への性接待も画策していたと指摘した。

 これを受け警察はV.Iさんがカカオトークでやり取りしたメッセージの一部を入手し分析を開始した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。