Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領府「韓米NSC 緊密な意思疎通を維持」

記事一覧 2019.03.11 08:53

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は11日、北朝鮮北西部・東倉里にあるミサイル発射場の復旧の動きなど北朝鮮を巡る問題に関し「韓米両国は国家安全保障会議(NSC)間で緊密な意思疎通を維持している」と述べた。記者団からの「鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台国家安保室長とボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)がきょう午後、電話会談する予定か」という質問に答えた。

鄭氏(左)とボルトン氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 ボルトン氏は10日(米現地時間)に米ABCテレビとのインタビューで、東倉里ミサイル発射場の復旧の動きをとらえた衛星写真に関し北朝鮮側と話し合ったかと問われ、「あす午前に韓国のカウンターパートと(北朝鮮関連問題を)協議する予定」と述べた。

 韓国のカウンターパートとは鄭氏を指すとみられる。両氏は日本時間の11日午後に電話会談し、ミサイル発射場復旧の動きを受けた対応と、不調に終わった2回目米朝首脳会談後の対策を話し合うと予想される。

 ボルトン氏は、米朝首脳会談が2月27~28日にベトナム・ハノイで開催される前に韓国を訪れて鄭氏、日本の谷内正太郎国家安全保障局長と会合すると伝えられていたが、土壇場で訪韓を取り消した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。