Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮のミサイル発射準備 「あらゆる動向追跡・監視」=韓国軍 

記事一覧 2019.03.11 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部のキム・ジュンラク広報室長は11日の定例会見で、北朝鮮のミサイル関連施設の動向に関し「ミサイル発射準備の可能性などを含めてあらゆる動向について綿密に追跡、監視している」と明らかにした。

北朝鮮・東倉里ミサイル発射場を撮影した衛星写真(エアバス・ディフェンス・アンド・スペースと38ノース提供)=(聯合ニュース)

 キム室長は、北朝鮮の意図を問う質問には「さまざまな可能性を念頭に置いて分析中だ」と答えるにとどめた。

 また、韓米が協力して北朝鮮ミサイル開発施設の関連動向を綿密に追跡、監視しているとする一方、「具体的な対北情報事項については申し上げられない」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。