Go to Contents Go to Navigation

韓国・ブルネイ首脳会談開催 関係強化で一致

記事一覧 2019.03.11 14:59

【バンダルスリブガワン聯合ニュース】ブルネイを国賓訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日午前(現地時間)、ブルネイの首都バンダルスリブガワンでボルキア国王と会談し、両国の関係発展や韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の協力強化などについて議論した。

MOU締結式後、握手を交わす文大統領(左)とボルキア国王=11日、バンダルスリブガワン(聯合ニュース)

 文大統領はブルネイが、韓国政府が推進している「新南方政策」の重要なパートナーであることを強調。両国が国交を樹立してから35年間、インフラ構築やエネルギー、人的交流などで友好協力関係を発展させてきたことを評価した。

 また、韓国が年末に開催する「韓・ASEAN特別首脳会議」が双方の未来発展の方向を模索する重要なきっかけになるとの認識で一致し、会議の成功のため、緊密に協力することにした。

 ASEANの対話国10カ国のうち、同会議を3回以上開催するのは韓国が初めて。これまでは韓国、日本、中国が2回ずつ、米国、ロシア、インド、オーストラリアが1回ずつ開いている。

 一方、文大統領は朝鮮半島情勢や朝鮮半島平和プロセスに対する韓国政府の立場を説明し、ブルネイの支持を要請した。

 両首脳は会談後、科学技術協力や投資協力などに関する3件の了解覚書(MOU)の締結式に出席した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。