Go to Contents Go to Navigation

米朝実務交渉主導の米高官「段階的な非核化はない」

記事一覧 2019.03.12 08:59

【ワシントン聯合ニュース】北朝鮮の非核化に向けた米朝実務交渉の米側代表を務める国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表は11日(現地時間)、「段階的な非核化はない」と明言し、全面的かつ完全な解決を意味する「トータルソリューション」を前面に掲げた。北朝鮮が大量破壊兵器を完全に除去する場合に、制裁解除など相応措置を取ることになる。

ビーガン氏(資料写真)=(AFP=聯合ニュース)

 ビーガン氏はこの日、米ワシントンで米シンクタンク主催の会合に出席し、「われわれは非核化を段階的に行わない」と述べた。トランプ米大統領がこの点を明確にし、米政府としても完全に一致しているという。さらに「われわれは『トータルソリューション』を望む」と強調した。

 昨年6月にシンガポールで初の米朝首脳会談が行われるまで、トランプ氏は米朝対話の初期に「ビッグディール」式の一括妥結の原則を掲げていた。その後は段階的な解決へと向かいかけていたが、先月末の2回目の米朝首脳会談は物別れに終わった。北朝鮮との実務交渉を主導してきたビーガン氏の発言は、これまでの流れを再び修正しビッグディールの原則に戻すという米国の交渉戦略を公にしたものと受け止められる。 

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。