Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮のミサイル発射場復旧  「賢明な判断を」=韓国外交部

記事一覧 2019.03.12 15:45

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は12日の定例会見で、北朝鮮北西部・東倉里にあるミサイル発射場で構造物を建て直す動きがあることについて、「東倉里発射場の動向を憂慮している」として、「北側が賢明な判断をし、皆に役立つ選択をすることを望む」と述べた。

韓国外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、「政府は2回目の朝米(米朝)首脳会談前から東倉里発射場の各所を米政府と綿密に注視してきた」と説明した。

 北朝鮮が「段階的な非核化」を求めているのに対し、米国は「一括妥結」を目指している中、韓国政府の立場に関しては、「南・北・米の首脳は数回にわたり完全な非核化に合意した」として、「政府は緊密な韓米連携に基づき、朝米対話の早期再開を促進し、完全な非核化と朝鮮半島の恒久的な平和定着の達成に向け最善の努力を引き続き重ねていく」と述べるにとどめた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。