Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮ミサイル施設で復旧の動き 「懸念し注視」=韓国外相

記事一覧 2019.03.18 19:05

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は18日の国会外交統一委員会で、北朝鮮が核・ミサイル実験を再開する可能性について、復旧の動きがみられる北朝鮮北西部・東倉里のミサイル発射施設に関連し、「動向を注視しており、政府も懸念している」とし、「すべての可能性を念頭に置き、鋭意注視している」と述べた。

国会外交統一委員会で発言する康京和長官=18日、ソウル(聯合ニュース)

 また「北側が賢明な判断をすることを願うというメッセージを発信している」と説明した。

 康長官は核実験の可能性については、「(北東部・豊渓里の)核実験場が外国メディアが見守るなかで爆破され、それが完全な廃棄なのか国際専門家らの検証が必要な状況ではあるものの、核実験場の爆破がなされたことも一つの事実」と話した。

 韓国政府は今後北朝鮮が挑発を行うとすれば、実験場の復旧が必要な核実験よりも、再開が容易なミサイルの発射実験を実施する可能性が高いと判断していることを示唆する発言と受け止められる。

 米朝交渉の再開については、「米側はポンペオ国務長官が明確に意思を示した。北の立場も崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官の会見を分析した結果、そのような意思が明確にあるようだ」とした上で、2回目の米朝首脳会談以降、崔氏が会見で北朝鮮の立場を表明したが、さらに把握する必要があるとした。

 また「(米朝対話)再開の見通しを高く見るか、低く見るかというよりは、見通しは明確にあるという意味」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。