Go to Contents Go to Navigation

警察と芸能人らの癒着疑惑「深く謝罪」 徹底捜査の姿勢示す=韓国閣僚

記事一覧 2019.03.19 13:46

【ソウル聯合ニュース】韓国の金富謙(キム・ブギョム)行政安全部長官は19日、朴相基(パク・サンギ)法務部長官と行った共同記者会見で、ソウルのクラブ「バーニングサン」や芸能人と警察の癒着が取り沙汰されていることについて「(警察を管轄する)行政安全部の長官として深く謝罪する」と述べ、癒着疑惑などに対する徹底した捜査を警察に促す姿勢を示した。また、「警察官の癒着・不正が事実と判明すれば、地位を問わず厳罰に処するつもりだ」と言明した。

会見する金富謙氏(左)と朴相基氏=19日、ソウル(聯合ニュース)

 バーニングサンを巡っては、未成年者の出入りを警察がもみ消した疑いなどがある。また、警察幹部が芸能人のビジネスの後ろ盾になっていた疑惑も浮上している。

 一方、朴氏は、女優のチャン・ジャヨンさんが「性的な接待を強要された」とのメモを残して2009年に自殺した事件や、法務部の金学義(キム・ハクウィ)元次官が13年に建設業者から性接待を受けた疑惑などの真相解明に最善を尽くすと表明した。

 朴氏は、この2件は「韓国社会の特権層で発生した事件」だとし、「検察や警察がずさんな捜査をしたり真相解明を阻み隠蔽(いんぺい)したりした状況が見えることから、国民の怒りを招いた」と指摘した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。