Go to Contents Go to Navigation

米国家情報長官が訪韓 北朝鮮の動向など議論か

記事一覧 2019.03.20 09:36

【ソウル聯合ニュース】米政府の情報機関を統括するコーツ国家情報長官が19日夜、韓国入りしたことが分かった。韓国の政府消息筋が明らかにした。具体的な日程は不明だが、カウンターパートの徐薫(ソ・フン)国家情報院長ら韓国政府の高官と会談するとみられる。

コーツ氏(手前から2人目、資料写真)=(AP=聯合ニュース)

 コーツ氏は物別れに終わった2回目の米朝首脳会談後の北朝鮮の動向などについて韓国側と意見交換するとみられる。

 南北軍事境界線がある板門店などを訪れ、北朝鮮側と接触する可能性があるとの見方もあるが、北朝鮮側とは米中央情報局(CIA)が水面下で接触しており、可能性は高くないとされる。

 コーツ氏は1月末、上院情報特別委員会の公聴会で北朝鮮が核兵器を完全に放棄する可能性は低いと発言し、議論を呼んだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。