Go to Contents Go to Navigation

韓国首相「北は非核化の意思立証を」

記事一覧 2019.03.20 21:17

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は20日、2月末の2回目の米朝首脳会談が物別れに終わった後、米朝対話が膠着(こうちゃく)状態にあることと関連し、「米国が完全な非核化を具体化するための大きい提案をし、北がこれに応える準備ができていなかった」との見方を示した上で、「米国の大きい提案に北が応えることにより、非核化の意思を立証する局面になった」と述べた。国会で開かれた外交、統一、安全保障分野の「対政府質疑」で答弁した。

答弁する李洛淵首相=20日、ソウル(聯合ニュース)

 また、米朝会談では朝鮮戦争の終戦宣言や北朝鮮に米国の連絡事務所を開設することに関連して相当なレベルまで議論が行われたと伝えた。

 北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官が記者会見で韓国政府について「仲介役ではなくプレイヤー」と言及したことに関しては、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の役割に多くを期待しているという意味と受け止められる。もう少し強くやれという意味ではないか」と述べた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。