Go to Contents Go to Navigation

大気汚染は韓国・中国の共通問題 共同努力必要=文大統領

記事一覧 2019.03.21 16:58

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、青瓦台(大統領府)で潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長と面会し、微小粒子状物質「PM2.5」などによる大気汚染問題について、「国内の問題だけでなく、中国とも関連する問題」として、「韓国と中国が共通の問題として認識し、共に解決する努力が必要」と述べた。青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が明らかにした。

握手を交わす文大統領(右)と潘氏=21日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は潘氏に対し、大気汚染問題の解決に向け、官民が参加する機構の委員長就任を要請。潘氏は受諾している。

 文大統領は同機構について、「今回新設される機構は民間、公共(機関)を網羅する国家的な取り組み」と説明。「政府は問題解決のため努力しているが、国民がすぐに体感できる問題ではなく、簡単に解決できる性格のものでもない」として、潘氏に国連トップを務めた経験を生かし、大気汚染問題の解決に取り組むよう要請した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。